にきびのできにくい肌にするためには

MENU

にきびと肌のタイプ

にきびは肌のタイプによって出来やすい出来にくいなどが決まってきます。
肌のタイプというのは4種類あるのですが乾燥肌の人は比較的にきびは出来にくいといわれています。

 

その理由に、にきびの元になる皮脂が乾燥肌の人は極端に少なくて、脂っぽさが足りないくらいですからにきびにはなりにくいと言われているのです。

 

そして、普通肌という肌のタイプがありますが、普通肌の人は皮脂の量は多くもなく少なくもない状態で、皮脂が原因でにきびが出来るというよりも、ホルモンのバランスによってにきびが出来たり、生活習慣によってにきびが出来る場合が多いといわれています。

 

そして肌のタイプの脂性肌の人は一番にきびが出来やすい状態だといわれています。にきびの元になる脂がたくさんありますから小まめに洗顔しないとどんどんにきびが増えていくといわれています。

 

肌のタイプにはもう一つ、金剛肌という脂性と乾燥肌が混合している人がいますが、この場合は脂性の部分、特にTゾーンなどに、にきびが出来やすい体質であるといわれています。

 

混合肌はなかなかケアが難しくて、にきびが出来やすい部分は小まめに洗顔が必要ですがそれ以外の乾燥している部分をあまり洗顔しすぎると肌が傷つきますから洗顔の後のケアをしっかりする必要があります。

 

にきびと遺伝

にきびと遺伝について紹介したいと思います。

 

にきびに悩んでいる人のにきびの原因というのはにきびの体質だといわれています。にきびの体質というのは皮脂が多い体質、ホルモンのバランスが崩れやすい体質、内臓が弱い体質など、にきびの原因になる体質というのは色々あります。

 

にきびの体質を自分でかえるのはなかなか大変なことなのですが、にきびは遺伝するといわれています。
にきびが遺伝するのではなくて、にきびが出来やすい体質が遺伝するといわれているのです。

 

にきびになりやすい体質が遺伝する場合、例えば、にきびになりやすい食生活をしていたり、生活習慣がにきびになりやすい生活習慣だといわれています。

 

しかしにきびは体質の遺伝だからといってあきらめることなく、食生活を見直したり、生活習慣を見直したりするだけでにきび体質を改善することが出来ますし、スキンケアに気をつけるだけでにきびの改善が出来ますから遺伝だからとあきらめないで日々のケアをきちんと行うようにしたいものですね。

 

にきびと遺伝はとても関係があるように見えますが、にきび自体が遺伝するわけではないですし、体質が遺伝するだけですから体質はこれからなんとでも改善することが出来ます。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。
下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

 

<a href="http://www.neighborhoodknitshop.com/" target="_blank">http://www.neighborhoodknitshop.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク